2020年05月17日

近況と、2020金星逆行

五月晴れの日曜日。
朝イチでパンを買いに。
メゾンカイザーは8時より空いているのです。
道すがら、ひとけのない所でマスクを外すと緑のいい匂い。

20200517-4.jpg

アオスジアゲハ。見てみて!
葉っぱに紛れているの、見えるかな?
北海道では見かけない蝶です。
ベルサイユ宮殿と勝手に呼んでいる綱町三井倶楽部のところでたくさんひらひらしていましたよ。
アオスジアゲハに限らず、蝶は縁起が良い。
見かけたら大切にしてあげてくださいね。

北海道では見かけなかったね!をもう一つ。
謎の巨大な花。
家の軒に届きそうな高さで、お花の一つひとつが小さめの鶏卵くらいの大きさです。
南国っぽい。

20200517-1.jpg


メゾンカイザーの帰り、聖坂からの東京タワー♪
左端に在日クウエート大使館も写り込んでいますね。
この裏側は三田寺町とも呼ばれていて30軒ほどの寺院が密集しています。
いわく付き?といいますか、おもしろい建物もあるのよ~
それらについてはまた今度お話しするかもです。

20200517-3.jpg


金星逆行中にて自撮りもぺたり。
なぜなら私のネイタル金星もレトログレードだから(爆)。
マスクでほっぺが痒い。みなさまはいかがですか?
20200517-2.jpg


そこで思い出したわ。
【天空模様】
先日も少々触れましたが2020年5月13日〜6月25日に金星が逆行。
過去にも何度か金星逆行について書いたことがあります。
興味のある方は右上の検索窓をお使いください。

今回の金星逆行はその期間の前後である
5月4日(do)、5月21日(re)、7月28日(do)の3回、海王星とスクエア(90度)をとるのが特徴的。
海王星によって金星の象意が散逸、もしくは大袈裟な出方をする。
非現実的なまでに期待(懐疑ともいえる)を喚起するような出来事が起こりやすく、軽はずみに乗ってしまうと不信感や幻滅といったオチに。
一途であるべきところをよそ見すると収拾がつかなくなって消耗、というのも考えられるかな。
そこには選択肢のバラエティーが広がる(双子座にドラゴンヘッドがあるため、出会いという意味では予想を超えるものが割り込んでくる)というメリットもあるけれども、程度問題。
買いかぶりや見積もりの甘さなどで痛い目を見てこそわかる(特に双子座さんは、ガッカリな想いと引き換えに自分を大切にする歓びや、自分の美点に改めて気づける)ことも人としての成長に一役買うことにはなります。

また、金相場はもとより、双子座の金星ということで旅行を始めとする乗り物にまるわることや報道メディア関連でのイレギュラーな動きの暗示でもあります。
イレギュラーな動きといいますか混乱は、このところのコロナ騒動でいつものことといえばそうなのですが。
……とはいえ山羊の社会天体群、グレートコンジャンクション&ミューテーションに引っ張られながらの金星逆行のドラマなのですよね。
双子座と山羊座のインコンジャクト(150度)はどちらも「物事の明暗」という二面性を気にかける。
例えば、立場に言わされることと私的な見解、成功者と落伍者などいった「明暗」。
それらの繰り回しが適切であるかどうか、点検させられることもありそうです。

生活に密着したところをいえば、審美歯科をはじめとするプチ整形や、基礎化粧品の浮気は控えるのが無難。
一過性の復活愛も起こりうる。
この期間に始まった恋愛は長続きしないとされていますが、今回ばかりは縁の深い相性であれば話は別です。
以上、ちょっとした近況のつもりが星についても及んでしまいましたの巻☆彡


ただいま17時21分。
ベランダから見えた boeing767-346(ER)JA603J 札幌ー羽田JAL便。
これに乗りたいな~!

20200517-5.jpg
posted by 占い師・羽妙(うたえ) at 17:37| 東京おにぎり生活(近況) | 更新情報をチェックする