2014年07月23日

2014年7月27日の新月

【天空模様】
週末、2014年7月27日は獅子座の新月。
サビアンは獅子4度「 正装した年配の男性が、狩りの遠征から持ち帰った戦利品の傍に立っている
一つ前の度数、獅子3度「ボブの女」では年齢や常識といった壁を打ち破ってでも自己表現。
いつまでも枯れず若々しくありたいという価値観を示し、活力のあわられ方が女性的。
アンチエイジングの基本は思い込みだものね~
今は美魔女なんて言葉もありますが悪くすると子供おばさん(失礼!)。
いつまでも輝き続けようとするのは個人的な動機であっても
周りを楽しませサプライズを提供するという副産物だってあるかもしれない。
そしてこの4度「 正装した年配の男性が、狩りの遠征から持ち帰った戦利品の傍に立っている」では
若い者に引けを取らない成果で実力を表現。
価値観ではなく力ずくでいくので男性的とされます。
戦利品=達成してきたこと。
正装している=正装して向き合うべき対象、といえば社会や目上の人。
3度のボブの女は自己満足に近く、4度の年配の男性は社会や自分よりも目上の人に評価されたい。
4度は上昇志向も説得力も強いサビアンです。

新月は木星と合。
獅子座は主観性優位。誰もが主役。
見せつけ、ひけらかすことで自分を盛り上げますますパワーアップ。
自発的な行いや個人が楽しみでしたことが周りにも影響を与えていく。
熱くなれるものを見つけましょう。
私も自慢話ができるひとは好き。
創造的な様子って見ていると勢いをもらえるし楽しい♪
思わず応援したくなりますよね。
ただし新月は蠍座に入ったばかりの火星とは90度。
新月が解けても太陽90火星は8月中旬まで続きます。
大胆不敵にいくのはOK。でも、あてつけ・支配的なやり方は慎みたいもの。

「見てみて!こんなに頑張ったよ!」どれだけ頑張ってどれだけの成果を出せるか。
堂々と自慢できるものを次の満月(8月11日)、
あるいは同じ獅子座で迎える満月(2015年2月4日)には持ちたいですね。

posted by 占い師・羽妙(うたえ) at 22:46| Comment(0) | 占星術(天空模様・旧告知) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント