2015年02月11日

2015年2月19日の新月

【天空模様】
2015年2月19日は水瓶座29度で新月。
2014年10月24日の蠍座0度での新月から始まって、11月22日の射手0度
12月22日の山羊0度、次いで前回1月20日の新月は水瓶0度
今回の新月は水瓶29度なのでサインの始まり度数で起こる新月は4回の連続をもってひとまず終了。

サビアンは水瓶30度「 アーダスの咲いている野原
『開かれた心と、存在の高次の形態に接触する自己超越への深い感情をもった人々への能力』
マルチユニティーの度数とされます。
一人の人間の多面性がそのまま社会の多面性とリンクする。
誰にでも、いつの時代にでも、当てはまるような評価軸を持てば共鳴できる。
シンクロニシティを介して。

現在の社会規範(土星)は最大公約数的で「今ここ」で生きる上ではそれに則っていれば無難。
新月、水瓶座のルーラー天王星は最小公倍数的。
個々の持つ可能性はその潜在性から倍数ともいえる。
個々それぞれの最小倍数という評価軸(社会規範を超えた親しみを持ち合えるもの)を太くする、すなわち新たな理想とするものをつかんだ声が大きくなれば、既存の社会規範での不具合や賄えていないことを解決する手立てとなりうる。
非常識とされていたことを常識にしていく。もしくは非常識を赦す柔軟性が天王星の最小公倍数。
……口でいうのは簡単だけれど、ね。(^-^;

さて。
新月は水瓶座の終わりにありビジョンやとらえどころがないけれど確かに存在しているものを象徴する魚座の海王星と近接。その海王星は射手座土星と90.
金星は火星に近づいていくところ。うふっ♪♪
理想と現実のギャップも無理矢理楽しめる感じではないかと。
(このあたりのことはモバイルコンテンツ「深愛の母*うたえ」の2月16日更新分のコラムに『2015年の大型ラブチャンス』と題して記しました。http://utae.pocke.bz/
金星と火星の合は魚座の終わりから牡羊座の最初で起こる。
魚座は慈愛。
施し施されるでもあるなぁ……とイメージしてみたりも。
施すって言葉の意味はね、渡したものが返ってこなくてもいいし、受け取っても返さなくていい、そういうやりとりを指していると私は考えます。
委ねる相手がいてくれること。受けるにあたいする者であること。
「もの」ではなく「存在」に価値を置くのが施す。

* * * * *

新月と満月のタイミングを使ってサビアンの勉強を続けておりますが。
来週19日~21日はPC不在となるため前倒しといたしました。
水星の逆行は本日11日に終わりますね。
【2015年1月22日~2月11日・水星逆行】
http://kozakurautae.seesaa.net/article/412538118.html
今回の水星逆行を「こじらせを正す」と読んでみましたがみなさまはいかがでしたでしょうか。
私は「ごんぼほる」な感じでしたよ。
「ごんぼほる」は北海道弁、「こじらせ」とニュアンスは近いかな(笑)。

水星はただいま速度が落ちているためコミュニケーションミスを起こしやすい注意期間。
twitterでも今朝はあちこちから「ロックされた」「解除できた」の声が。
こだまでしょうか?
いいえ、水星逆行終了日です。
……なんてね。(・8・)

では筆を置きます☆
posted by 占い師・羽妙(うたえ) at 11:31 | TrackBack(0) | 占星術(天空模様・旧告知) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック