2016年10月31日

草木黄落

おはようございます。10月最後の月曜日、といいますか末日ですね。
どんどん寒くなっていく中での新月は1日に続いて本日31日が二度目。
この10月は新月に始まり、新月で締めくくられるのですね。
サビアンは蠍座8度「月の光を浴びる静かな湖」。
これの前の度数、7度が「深海の潜水夫」で、これまでの体験や関わった対象に深く潜り込み、その意味や背景に隠されたものまでを理解していくというもの。探求。
そしてこの8度では7度の理解を踏まえ、では自分はどうしていくか?を静かに眺める。
眺めるというのは客観視であり、もしかすると折り合いをつけるプロセスなのかもしれません。

ちょうど昨日ね、お会いした方と「ほんとうのところ……に気づく前触れかも」というやりとりをしていて。
これ、新月にシンクロしていたなぁと思います。
みなさまはいかがでしょう?
以前とは流れが変わってきているように感じられませんか?
変わりゆく中でどうしていくか。静かに自分の心を眺め、何かが浮かび上がってくるのを待つ。
そうすることで自分にも関わる対象や体験にも正直でいられるのだと思います。

さてさて。
twitterに流していた、和服の写真を並べてみます。
例によって新しい順にね!

・10月27日 ……今年もツィ―ドの季節がやってきました。
20161027.jpg

・10月24日……片づけ中に背守りが出てきましたよ。
背守りは「せまもり」と読み、魔除けの意味を持ちます。魔は背縫い(背中の縫い目)から入ってくるとされていて、子供の着物には背縫いがない。そこで何らかの針目=糸印をつける。針目は刺繍だったり、古くは袋といった立体的なものもあります。
これは加賀押絵紋。何故このようなものを持っていたかといいますと、カーディガン代わりにしていた男性用の羽織りに洒落で付けてたの。
ちなみに男性用の羽織(や長着)には身八つ口がない分、女物よりも保温効果があります。
20161024.jpg

・10月22日……オレンジの縞の長着と塩瀬の帯。
20161022.jpg

・10月20日……男物の反物で誂えてもらったウール(アンサンブル)の長着と木綿の帯。
20161020-1.jpg

この日の18時頃と~
20161020-2.jpg

19時半頃。鑑定しているうちに初積雪です。
この雪は今はとけてなくなっています。まだ根雪ではない。
20161020-3.jpg

・10月15日……お気に入りの縞の小紋、それに薔薇の帯。
20161015.jpg

ただいま年末進行に入っておりまして。
連載原稿と並行して各種「2017年の運勢」の執筆に励んでいます。
もうひと頑張りよ。
以前はtwitterを開きつつ書き物をしていたのですが、今はあまりしないようにしています。気を取られる……といいますか考えを逸らされるように思えて。
BGMも流さなくなりました。雀やカラス、雨音や車、子供のはしゃぐ声で充分♪
一方、カフェロッソでの鑑定は「どうぞ良いお年を☆」で締めるようになりました。
10th anniversary も実施中です〜(^ー^)ノ
また、東京 麻布十番 燦伍(さんご)での鑑定は12月9日(金)。
15時~17時、19時~25時の分を受付中です☆

あとごく個人的なこと。
この秋冬は、いただたきものや良品だからととっておいたものを使いこなそう!と思っています。
特にいただきもの。食品など賞味期限のあるものは早々にたいらげたのですが、そうでない品は開封するのがもったいなくてずーっと飾っていました。
眺めるばかりではなく、実際に使ってご厚意を拝受いたします(笑)。

そんなこんなの近況報告でした。
最近、風邪っぴきさんもお見かけします。
みなさまあたたかくして。どうぞ元気にお過ごしくださいね♪
posted by 占い師・羽妙(うたえ) at 08:42 | TrackBack(0) | 和服のこと | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック