2018年03月13日

2018年4月2日山羊火星土星合

手掛けている原稿が遅々として進まず……(^-^;
気分転換に久しぶりの【天空模様】をば。
本日3月13日の牡羊金星90山羊土星や、春分直後23日より始まる水星逆行など目につく星の配置はいくらでもあるのですが、私が気になる(笑)、2018年4月2日の山羊火星土星合をピックアップ。

先だって土星は昨年の冬至から山羊座入りしております。
押し広げの射手から到達目標を見据えての積み重ねを要求する山羊土星へと火星が向かっていく。
山羊座は成果、火星土星合は現実問題。
およそ2年に1度の星回りです。
その分野(ハウス)でひとまずの成果を出したか、現実問題に突き当たることで成果を出せるやり方に修正しながらの前進、その両方が考えられます。

みなさまそれぞれの取り組み分野(ハウス)は何かといいますと~

・牡羊座……掛け値なしの肩書き。この分野にあなたあり!と自他共に認める立場、世間体。
・牡牛座……やがて来る表舞台で披露するものに磨きをかける。
・双子座……形の有るなしに関わらず継続的に差し出したものの還付、取り引きの締結も。
・蟹座……責任を伴う関係、ルールを踏まえた上でのパートナーシップ。
・獅子座……体調か雇用の問題を解決。費用対効果の出る働き方、費用とは体力も含めて。
・乙女座……「これをしているときが自分!」を続けていくためのスタイル、環境作り。
・天秤座……ここに戻ってくれされすれば元気回復!という場作り。
・蠍座……付け焼刃ではない技術や知識。
・射手座……暮らしを安定して回し続けるための家計管理。得ては消費して筋力をつけるような。
・山羊座……不屈の精神力、その裏付けとなる努力や経験の積み重ね。
・水瓶座……過去の痛手を土台にする、土台にできる。
・魚座……将来に向けて必要なものを揃える。
※ASCがわかる方は太陽星座ではなくASCで見てね。

火星土星合の星回りで目標を絞ったら途中で降りることはできません。
もしも降りたならそれは失敗、不発弾。
失敗は誰もが恐れるものですよね。
そうならないよう、確実に実現できる目標に絞る。
責任を負える範囲を決めて進んでいく。
今回、山羊での火星土星合を機に始まるドラマは2019年6月14日前後にピークとなり、2020年4月1日前後の(今年の夏に起こる火星逆行度数域と重なる)水瓶座火星土星合まで。

ちなみに前回の火星土星合についてはこちら↓。
◆2016年8月24日射手火星土星合
http://kozakurautae.seesaa.net/article/440666750.html

銀座で見かけたzodiacな時計。
20180203jpg.jpg

土星は、どのサインにおいても無理はさせませんね☆
posted by 占い師・羽妙(うたえ) at 13:16| 占星術(天空模様・旧告知) | 更新情報をチェックする